食の大切さを見直し、
恵まれていない国ことも考えるきっかけに!

発展途上型下町ローカルフェスの
S&I WOODWORK FESTIVAL2018【台東区ウェブサイト】

小さなイベントでありながら、
毎回少しずつ新しいことに取り組んだり、
新しい団体がコラボしている。

前回の「S&I WOODWORK FESTIVAL2018で体験すべき8つのこと その3」

にて、持て余している食材をおいしく変身させて救い出す!
サルベージ・パーティ
」が参加することを伝えた。

Print

そして、今回は更に、途上国の子どもたちに給食を届ける
Table For Two
がコラボする。

table for two logo

TFTは開発途上国の飢餓と先進国の肥満や
生活習慣病の解消に同時に取り組む、
日本発の社会貢献団体。

table for twoプログラムの仕組み
対象となる定食や食品を購入すると、
1食につき20円の寄付金が、
table for twoを通じて開発途上国の子どもの学校給食になる。
20円というのは、開発途上国の給食1食分の金額とのこと。
つまり、先進国で1食とるごとに開発途上国に1食が贈られるという仕組みだ。

2団体が力を合わせて、規格外野菜を使って、
最高に美味しいカレーを木材フェスにて振る舞う!

received_10155004449713451

全てが恵まれすぎている日本だと、
普段だとあまり、他所の国の食糧事情等については考えない。
木材フェスを通じて、カレーを食べて、
世界観を拡げよう!

テクノロジーの進化によって、
木材を扱う人間達の伝統継承も、
さることながら、
食の取り扱いについても考えなければならない日本。
※もちろん日本だけではありませんが。。。

美味しいカレーを食べて、そんなキッカケをも
是非、楽しみながら考えよう!

2018woodwork1

2018woodwork2

イベント名:
S&I WOODWORD FESTIVAL

※S&I は千束入谷の略

開催日時:
2018年 6月9日(土)11:00-16:00

開催場所:台東区千束/入谷地区

特設会場(抽選会場):細川銘木店

住所:東京都台東区千束2-13-3

アクセス最寄駅:
・東京メトロ日比谷線「入谷」駅 徒歩6分
・JR山手線「鶯谷」駅 徒歩12分
・東京メトロ銀座線「田原町」駅 徒歩15分
・各線「浅草」駅 徒歩15分

主催:一葉桜千束入谷振興会
後援:台東区

お問い合わせは、sandiwoodpress★gmail.com
※★を@に変えてお送りください。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中