最新のイベントはインディペンデント型!

個が高まる今、イベントやお店などは、
規模感がすべてではない。

広さよりも深さ。

規模感が小さいからこそ、
一つ一つを深くかかわることができるイベント。

発展途上型下町ローカルフェス
S&I WOODWORK FESTIVAL2018【台東区ウェブサイト】

木材フェスと、これから広がりを見せそうな
個性豊かなベンチャースピリッツのある
団体が参戦しているイベント。

中でも通年参加し、
その年その年で変化するカフェ
CROSS TOWN CAFE(クロスタウンカフェ)
がある。

STUDiO CrossTownCafe

元々は、東南アジアのカンボジア首都
プノンペンにあった東京スタイルのカフェ。

img_7304

それが、日本に逆輸入され、
カンボジアのソウルフード
カンボジアサンドウィッチ
「ヌンパンパテ」
を引っ提げ、
Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFE

として、千束・入谷に再オープン。

S_6168678174430

残念ながらサンドウィッチカフェとしての
CROSS TOWN CAFEは、
残念ながら、現在は、
千束入谷の店舗は不定期営業。

その代わり、
関東のイベント時に限られることが多いそう。

とは言え、
イベント出店とは別に、
新たな店舗の形、
「STUDiO CROSS TOWN CAFE」
(スタジオ クロスタウンカフェ)
となって、自店イベントの開催も、
不定期で開催中とのこと。

CROSS TWON CAFEのコンセプトは、
店名の通り、
「街と街を繋ぐ(CROSS TOWN)」
を掲げている。

サンドウィッチ屋として、
食を扱ったり、
スタジオとして、
情報を発信したり、
色々な顔のあるクロスタウンカフェ。

今回は、原点でもある、
一杯一杯丁寧に淹れる
ハンドドリップコーヒーを
始めとするスタンドドリンクショップとして
登場だ。

sandi studio crosstown image

夏のフェスで大人気の
「濃厚マンゴージュース」や
スカッと爽やかにアジアを感じられる
「パクチーレモンジンジャースカッシュ」
を振る舞う。

喉の渇きも潤う
インディペンデントな1日になりそうだ。

2018woodwork1

2018woodwork2

イベント名:
S&I WOODWORD FESTIVAL

※S&I は千束入谷の略

開催日時:
2018年 6月9日(土)11:00-16:00

開催場所:台東区千束/入谷地区

特設会場(抽選会場):細川銘木店

住所:東京都台東区千束2-13-3

アクセス最寄駅:
・東京メトロ日比谷線「入谷」駅 徒歩6分
・JR山手線「鶯谷」駅 徒歩12分
・東京メトロ銀座線「田原町」駅 徒歩15分
・各線「浅草」駅 徒歩15分

主催:一葉桜千束入谷振興会
後援:台東区

お問い合わせは、sandiwoodpress★gmail.com
※★を@に変えてお送りください。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中