S&I WOODWORK FESTIVAL2018で体験すべき8つのこと その8

個性派ブースが目立つ掘り出しイベント!

場所柄、浅草寺から徒歩10分
合羽橋道具街に近い場所と言うこともあり、
「下町イベントか~?」
と連想してしまうことが多いが、
実は海外団体、社会派団体等
個性派ブースが出店している
発展途上型下町ローカルフェス
S&I WOODWORK FESTIVAL2018【台東区ウェブサイト】

東南アジアのカンボジアに魅了され、
自身達が旅して来て、
その中で見つけてきたもの
メイド・イン・カンボジア
MADE IN CAMBODIA
の優しく・温かみのある
雑貨等を扱っている
クメールママ」が
今回は登場する。

khmer mama logo

カンボジア産オーガニックハーブティや、
アジアンテイストばっちりのアクセサリー
カンボジア自慢のクロマー※

※カンボジアでは、「万能布」だとか「常備布」として、
日常的に使われている布です。
要するに「オシャレで便利なスカーフ」です。(笑)

khmer mama image

127297036_th

127421451_th

127693328

カンボジアの良い物色々を垣間見ることができる
セレクトショップだ。

丁度、イベント直近まで、
店主達は、海外を旅しており、
帰国後間近の話を聞くのも面白いかも。

初夏が始まった日本と
常夏のアジアのテイストを
リンクしてみるのも面白い!

2018woodwork1

2018woodwork2

イベント名:
S&I WOODWORD FESTIVAL

※S&I は千束入谷の略

開催日時:
2018年 6月9日(土)11:00-16:00

開催場所:台東区千束/入谷地区

特設会場(抽選会場):細川銘木店

住所:東京都台東区千束2-13-3

アクセス最寄駅:
・東京メトロ日比谷線「入谷」駅 徒歩6分
・JR山手線「鶯谷」駅 徒歩12分
・東京メトロ銀座線「田原町」駅 徒歩15分
・各線「浅草」駅 徒歩15分

主催:一葉桜千束入谷振興会
後援:台東区

お問い合わせは、sandiwoodpress★gmail.com
※★を@に変えてお送りください。

広告

初夏を告げる浅草三社祭が終わり、次は、S&I WOODWORK FESTIVAL2018

こんにちは
一葉桜千束入谷振興会 広報です。

5月18日(金)、5月19日(土)、
5月20日(日)まで、
浅草三社祭でした。

浅草三社祭は、
このエリアの人間達にとって、
何か月も前から、準備し、
ワクワクがとまらない催し物。

来場者数も200万人以上となり、
ご存知の通り日本最大級のお祭りなのです。

さて、浅草三社祭は、
初夏の訪れを告げる風物詩となっています。

気温が上がるにつれて、
イベントが多くなってくるのも、
このエリアの醍醐味です(笑)。

6月9日(土)は、
S&I WOODWORK FESTIVAL2018【台東区ウェブサイト】

S&I WOODWORK FESTIVAL2018は、
残された材木横丁と呼ばれる
台東区千束・入谷【光月町】が仕掛ける
木材の伝統と継承をベースに置いた
発展途上型下町ローカルフェスティバルです。

木材文化の伝統の継承と共に、
毎回新たな取り組みが面白い!

このサイトでは、順次、
S&I WOODWORK FESTIVAL2018の詳細を
アップして参ります。

こうご期待!

2018woodwork1

2018woodwork2

イベント名:
S&I WOODWORD FESTIVAL
※S&I は千束入谷の略

開催日時:
2018年 6月9日(土)11:00-16:00

開催場所:台東区千束/入谷地区

特設会場(抽選会場):細川銘木店
住所:東京都台東区千束2-13-3

アクセス最寄駅:
・東京メトロ日比谷線「入谷」駅 徒歩6分
・JR山手線「鶯谷」駅 徒歩12分
・東京メトロ銀座線「田原町」駅 徒歩15分
・各線「浅草」駅 徒歩15分

主催:一葉桜千束入谷振興会
後援:台東区

お問い合わせは、sandiwoodpress★gmail.com
※★を@に変えてお送りください。

台東区のWEBにアップされました!

S&I WOODWORK FESTIVAL2018

残された材木横丁と呼ばれる
台東区千束・入谷【光月町】が仕掛ける
木材の伝統と継承をベースに置いた
発展途上型下町ローカルフェスティバル。

本日、後援である台東区のWEBにもアップされました。

S&I WOODWORK FESTIVAL2018【台東区ウェブサイト】

合わせて、チェックしてみて下さい。

2018woodwork1

2018woodwork2

イベント名:
S&I WOODWORD FESTIVAL

※S&I は千束入谷の略

開催日時:
2018年 6月9日(土)11:00-16:00

開催場所:台東区千束/入谷地区

特設会場(抽選会場):細川銘木店

住所:東京都台東区千束2-13-3

アクセス最寄駅:
・東京メトロ日比谷線「入谷」駅 徒歩6分
・JR山手線「鶯谷」駅 徒歩12分
・東京メトロ銀座線「田原町」駅 徒歩15分
・各線「浅草」駅 徒歩15分

主催:一葉桜千束入谷振興会
後援:台東区

お問い合わせは、sandiwoodpress★gmail.com
※★を@に変えてお送りください。

今年もこの時期がやってきた!S&I WOODWORK FESTIVAL!!

こんにちは
一葉桜千束入谷振興会 広報です。

S&I WOODWORK FESTIVAL2018

2018woodwork1

2018woodwork2

今年も開催致します。

S&I WOODWORK FESTIVAL2018は、
残された材木横丁と呼ばれる
台東区千束・入谷【光月町】が仕掛ける
木材の伝統と継承をベースに置いた
発展途上型下町ローカルフェスティバルです。

今回は、食品ロス(フードロス)の観点から、
もて余している食材を変身させてしまう
「サルベージ・パーティ」と
途上国の子どもたちに給食を届ける
Table For Twoがコラボしたブースがあったり、
東南アジアのカンボジアの良いモノを集めて販売している
「クメールママ」が参戦したりと、
NEW LINE UPも満載です。

地元 千束・入谷からは、ドシっとした焼き鳥が自慢
飲食店のPa’akai(パッカイ)が
店主拘りのオリジナルソースを引っ提げて登場します。

カンボジアの情報発信、活性の場を拡げるため、
イベント開催等に手中している
STUDiO CROSS TOWN CAFE (スタジオクロスタウンカフェ)が、
毎回拘りのハンドドリップコーヒーや日本ではなかなか珍しい
「パクチーレモンジンジャースカッシュ」と言った
東南アジアテイストの飲みモノを提供するなど、
異文化色も交じります。

もちろん、毎回大人気の無料の木材ワークショップも開催

1. 木で作ろう!オリジナル時計
2. 癒しのモイスチャーポプリ
3. お気に入りのスタンプ作り

とバラエティな内容となっています。
※ワークショップは大変人気があり、
ご希望の方は、是非、当日お早めにお申し込み下さい。

更なる詳細は追ってアップして参ります!

イベント名:
S&I WOODWORD FESTIVAL
※S&I は千束入谷の略

開催日時:
2018年 6月9日(土)11:00-16:00

開催場所:台東区千束/入谷地区

特設会場(抽選会場):細川銘木店
住所:東京都台東区千束2-13-3

アクセス最寄駅:
・東京メトロ日比谷線「入谷」駅 徒歩6分
・JR山手線「鶯谷」駅 徒歩12分
・東京メトロ銀座線「田原町」駅 徒歩15分
・各線「浅草」駅 徒歩15分

主催:一葉桜千束入谷振興会
後援:台東区

お問い合わせは、sandiwoodpress★gmail.com

※★を@に変えてお送りください。